tel
menu
眺望写真 眺望写真

他とは違う、
オーシャンビューがある

全室オーシャンビューを実現。さらに、左右ふたつの滑走路に飛行機が離発着する風景も一望。
『STORYLINE 瀬長島』だから見ることができる、ドラマチックな眺望です。

客室(Btype)完成予想CG
客室(Btype)完成予想CG
ご夫婦で、ご家族で、仲間同士で、
何度も訪れたくなる
自然体のくつろぎを
ゆったりと、心地よく、ビーチフロントの開放感を満喫する。
休日をゆったり過ごす別荘としてはもちろん、中期・長期滞在にも適した居住快適性を追求しています。
  • 間取り図 間取り図
  • 1
    お部屋からの
    視界を広げるために
    バルコニーに段差を設けることで、お部屋からの視界をより広く。さらに伸びやかなオーシャンビューを実現しています。
    image photo
    2
    最大定員4名の広々とした空間設計。ご家族揃って、ゆったりとお過ごしいただけます。
    image photo
    3
    オーシャンビューを愉しみながら、ワーケーションを。ワイドなカウンターテーブルを設置しました。
    image photo
    4
    オーナー専用の鍵付きロッカーを標準装備しています。
    image photo
    5
    全客室にキッチンを標準装備するなど、長期滞在も想定した快適性能にこだわっています。

※掲載図面はBタイプとなり、B'タイプは反転となります。※掲載の面積は掲載基準図面のものです。一部バルコニー面積が異なる部屋があります。

ダイナミックに、ドラマチックに、
多彩な眺望を満喫

  • 現地7階相当(高さ約23m)からの眺め
  • 現地8階相当(高さ約26m)からの眺め
  • 現地8階相当(高さ約26m)からの眺め

※眺望はお部屋により異なります。

客室プランバリエーション

※掲載の完成予想CG・各イメージイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、家具・調度品及び植栽等を含め、実際と異なる場合や変更となる場合があります。また、完成予想CGは、現地から撮影した写真(2020年7月撮影)を加工・合成しております。植栽は特定の季節や竣工時の状態を想定して描かれたものではありません。眺望・景観等は各階・各客室により異なります。また、周辺環境は将来変わる場合がございます。那覇空港での、飛行経路は風向き等により変更となる場合があります。

《TOPページへ戻る》

※コンセプトイラストは本計画を概念的に起こしたものであり、地形・距離・建物の大きさ・位置等実際とは異なります。イラスト内右下に描かれている椰子の木の高さ、及び上空に描かれている飛行機の航路は演出上のイメージであり、実際とは異なります。
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、家具・調度品及び植栽等を含め、実際と異なる場合や変更となる場合があります。また、外観完成予想CG、ルーフトップ完成予想CG、インフィニティプール・天然温泉スパ完成予想CG、スカイラウンジ完成予想CGは現地・現地周辺から撮影した写真(2020年7月撮影)を加工・合成しております。植栽は特定の季節や竣工時の状態を想定して描かれたものではありません。眺望・景観等は各階・各客室により異なります。また、周辺環境は将来変わる場合がございます。那覇空港での飛行経路は風向き等により変更となる場合があります。予めご了承ください。
※掲載の航空写真は現地周辺を撮影(2020年3月)した写真をCG加工したもので実際とは異なります。また、現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではございません。
※掲載の眺望写真は撮影(2020年7月)した写真をCG加工したもので実際とは異なります。
※掲載の屋上階平面イメージイラスト、1階平面イメージイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、植栽及び家具・調度品等の形状・配置についても計画段階のイメージですので、実際とは異なります。
※施設名称や店舗業態は一部変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※掲載の眺望写真は現地7階相当(高さ約23m)より撮影(2020年7月)したものです。
※掲載の写真は、イメージ及び(一財)沖縄観光コンベンションビューローと施設から提供いただいたものです。
※掲載の距離表示は現地からの地図上の概算距離です。
※車の所要時間は現地より目的地までを平日日中の実走による往復の平均です。渋滞、信号待ち等により、所要時間が変わる場合がございます。
※掲載の地図は、略図のため省略されている道路等があります。方位記号は若干誤差がございます。
※1.「空港から最も近い島」について/島と定義される本島より離れた離島の中、那覇空港敷地を起点として最も近いことから表現しています。